緩和副作用に配慮案
日銀会合、リフレ派反発も 20年度の物価見通し注目

2018/7/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は7月30~31日に開く金融政策決定会合で、現行の金融緩和の副作用にどう配慮すべきかを検討する。緩和が長引くなかで、金融機関の収益に目配りする狙いがある。ただ積極的な緩和を求めるリフレ派の政策委員が反発する可能性も否めない。物価が低迷するなら追加緩和が必要との立場で、今回改定する2020年度の物価見通しが注目される。

「心が折れそうになる数字だ」。日銀幹部は厳しい表情をみせる。20日公表の6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]