/

この記事は会員限定です

「成長下振れリスク増大」 G20声明

貿易摩擦を懸念

[有料会員限定]

【ブエノスアイレス=河浪武史、外山尚之】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は22日(日本時間23日未明)、米国発の貿易摩擦を念頭に「貿易の緊張の高まりで、世界経済の下方リスクが増大している」とした共同声明を採択して閉幕した。反保護主義をうたった昨年の首脳宣言を踏襲し「対話と行動を強化する」とした。米国の利上げで資本流出と通貨安に悩む新興国にも触れ、経済の監視を進める方針を示した。(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン