廃プラ、捌ききれない
保管場所にゴミの壁、5メートル近くに 中国輸入制限で難題

2018/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

古紙、ペットボトル、プラスチック……。毎日の暮らしのなかで排出されるゴミが行き場をなくしている。引受先だった近隣諸国が相次いで輸入を制限した結果、あらゆる廃棄物が国内に滞留し始めた。ゴミ処理の「最前線」で何が起きているのか。

(筒井恒)

東京・大井埠頭近くの京浜島は、高度成長期に埋め立てられた造成地。廃棄物処理業者が軒を連ね、大型トラックが廃プラスチックや鉄くずなどを搬入する。

「もう捌(さば)き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]