2018年8月22日(水)

関電、猛暑で初の節電取引
事前協力得て工場休止要請 急な需給逼迫を回避

2018/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 異例の猛暑による電力需要の拡大を受け、関西電力が「ネガワット」取引と呼ぶ新たな節電手法を実施したことが分かった。事前契約に基づき工場などに時限節電をしてもらうものだ。既に実施済みの東京電力ホールディングスや九州電力に続いて関電も踏み切ったことで、電力需給を安定させる手法として定着しそうだ。

 「ここ数日は連日エアコンをつけっぱなし。7月の電気代が心配だ」。大阪市内に住む20代の男性は次回の請求書に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報