/

この記事は会員限定です

五輪が変える日本

開幕まで2年 生産性・グローバル化磨く

[有料会員限定]

2020年の東京五輪・パラリンピックの開幕まで24日であと2年。高度成長期の1964年に実施した前回五輪では高速道路や新幹線など交通インフラを中心にハード面を大きく発展させた。今回の注目はソフト面だ。生産性向上やグローバル化といった課題の解決に向けたきっかけになりそうだ。

監視カメラが歩く

セコムは五輪で新たな警備手法を取り入れる計画だ。「歩く監視カメラ」はその一つ。警備員の胸ポケットに取り付けたスマートフォンで動画を撮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン