/

この記事は会員限定です

(フラッシュ)奈良県立医科大学、ES細胞から大脳組織培養

[有料会員限定]

奈良県立医科大学 森英一朗特任講師と松井健助教らは人の受精卵から作った胚性幹細胞(ES細胞)をもとに、5ミリメートルの大脳組織の一部を作った。妊娠約6カ月の胎児の脳に相当するほど成熟したという。ALS(筋萎縮性側索硬化症)や認知症などの新薬開発に役立つ。

人のES細胞に試薬を加えて培養すると、2カ月で直径約5ミリの大脳組織に成長。さらに4カ月後には、神経細胞が成熟して興奮や抑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン