2019年2月16日(土)

薬成分 大量に含む鶏卵 産総研、ニワトリをゲノム編集

2018/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

産業技術総合研究所は農業・食品産業技術総合研究機構と共同で、遺伝子を効率よく改変する技術「ゲノム編集」を使い、薬の成分を大量に含んだ卵を産むニワトリを作った。卵白のたんぱく質を作る遺伝子に、抗がん作用のあるたんぱく質「インターフェロンβ」の遺伝子を入れて実現した。薬などの有用なたんぱく質を安価に作る技術として実用化を目指す。

ニワトリの受精後間もない雄になる初期胚から、精子のもととなる細胞「始原…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報