量子計算機 研究で連合 東北大と東工大、企業群と

2018/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東北大学と東京工業大学はデンソーや京セラなどと共同で、次世代の高速コンピューターと期待される量子計算機の利用研究をするコンソーシアムを2019年4月につくる。企業の会費をもとに量子計算機を東北大に導入する。物流網の最適化など用途ごとのソフトウエアの開発で、世界をリードする狙いだ。

使うのは、膨大な選択肢から最適な答えを導き出す「組み合わせ最適化問題」に特化したアニーリング型と呼ばれる量子計算機。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]