/

この記事は会員限定です

ユニバーサルデザイン(1)

パネルに触って演奏自在

[有料会員限定]

柔らかいパネルに触ると、複雑な旋律が聞こえてきた。サウンドデザイナーの中西宣人さんがセンサー開発専業のタッチエンス(東京・台東)と共同で2016年に開発した電子楽器「ザ・セル・ミュージック・ギア」だ。

内部には円柱型のスポンジが16個並ぶ。ロボットに使う触覚センサーを転用し、圧力を検出して接続したパソコンに信号を伝える。押した場所に応じて異なる旋律を奏でる。たたいてリズムを刻んだり表面をなぞって音...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン