初の司法取引、法人不起訴 三菱日立パワー贈賄、元役員ら在宅起訴

2018/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイの発電所建設事業を巡り現地公務員に賄賂を渡したとして、東京地検特捜部は20日、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の元取締役と元執行役員、元部長の3人を不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の罪で在宅起訴した。6月導入の司法取引を初適用し、同社との合意により法人は不起訴とした。(関連記事を社会2面に

企業を免責して社員個人の責任を追及することは「トカゲのしっぽ切り」との批判を招く懸念もあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]