/

この記事は会員限定です

風邪に抗生物質 診療所の6割処方

学会調査 ウイルス性には効果なし 薬剤耐性菌増加も

[有料会員限定]

ウイルス性の風邪をひいた患者が抗生物質などの抗菌薬を希望したとき、約6割の診療所が求めに応じて処方していたことが日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査で分かった。抗菌薬はウイルス性の風邪には効果がないとされる。抗菌薬の大量使用は、抗菌薬が効かない薬剤耐性菌の増加につながるため、国は適切な処方を呼びかけている。

主にウイルスが原因で起こる鼻、喉、喉の奥の感染症が風邪と呼ばれる。ウイルス性の風邪に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン