2019年8月24日(土)

風邪に抗生物質 診療所の6割処方
学会調査 ウイルス性には効果なし 薬剤耐性菌増加も

2018/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ウイルス性の風邪をひいた患者が抗生物質などの抗菌薬を希望したとき、約6割の診療所が求めに応じて処方していたことが日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査で分かった。抗菌薬はウイルス性の風邪には効果がないとされる。抗菌薬の大量使用は、抗菌薬が効かない薬剤耐性菌の増加につながるため、国は適切な処方を呼びかけている。

主にウイルスが原因で起こる鼻、喉、喉の奥の感染症が風邪と呼ばれる。ウイルス性の風邪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。