プログラムが運用指南「ロボアド」、成長の壁
20~40代、余裕資金乏しく

2018/7/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国発の新しい金融サービス「ロボット・アドバイザー(ロボアド)」をご存じだろうか。コンピューターのプログラムが個人投資家に資産運用を指南するもので、日本では過去2、3年でウェルスナビ(東京・渋谷)やマネックスグループなど約30社が参入し、話題を呼んだ。「すぐに兆円単位の市場に育つ」との関係者らの期待に反し、運用資産の伸び悩みが続いている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]