/

この記事は会員限定です

日本橋首都高地下化 3200億円に圧縮 既存路線の機能拡充

八重洲線使い交通量確保

[有料会員限定]

東京・日本橋を通る首都高速道路の地下化に向けた議論が18日、最終決着した。これまで5000億円規模とされてきた事業費は約3200億円に圧縮。一部の地下ルート新設をやめて事業費を減らす一方、既存の首都高・八重洲線などの機能を強化して交通量は確保する。2020年の東京五輪・パラリンピック後の着工に向け、今後は具体的な手続きに入る。

全体事業費のうち首都高会社が約2400億円を負担する。従来見込んでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン