/

この記事は会員限定です

ソフト拡販に地銀の営業力 ビットブレイン、まず福井銀と

信用・収益性、互いに補う

[有料会員限定]

セキュリティーソフト開発のビットブレイン(福井市)は、金融機関を販売代理店とする営業手法に乗り出した。まずは福井銀行と組み、福井県内を中心とした同行の営業エリアへの拡販を目指す。知名度やマンパワーといったスタートアップ企業の弱点を、地銀の支店網と信用力で補いたい考えだ。

ビットブレインは、企業の社内システムにウイルスが侵入するのを防ぐソフトの開発を得意としている。ビットブレインが地銀にソフトのライセンス(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン