/

この記事は会員限定です

「私」が奪われる(3)

AI依存どこまで マネー・信用…人生すら

[有料会員限定]

2017年12月、米ロサンゼルス近郊。3カ月に及んだ人工知能(AI)の国際競技が幕を閉じた。世界90チーム以上の技術者が集結したが、人は脇役。戦いはAI対AIで繰り広げられた。

「現金支払機の画像にフィルターをかけ、防御システムを欺け」。課題を受けたAIが見えない空間で超高速の自動攻撃を繰り返す。街頭の監視カメラへの応用を想定した競技だ。攻撃側が認識を狂わせるノイズを埋め込むと、防御側のAIが検知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン