日欧EPA 来年発効へ 両首脳署名、最大級の自由貿易圏

2018/7/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相と欧州連合(EU)のトゥスク大統領とユンケル欧州委員長は17日、首相官邸で日本とEUの経済連携協定(EPA)に署名した。2019年3月下旬までの発効を目指す。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める自由貿易圏が誕生する。日欧で協調し、「自国優先」の通商政策を打ち出す米国への防波堤とする。(関連記事総合2、国際1面に

日本とEUは発効に必要な日本の国会と欧州議会での批准を急ぐ。日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]