/

この記事は会員限定です

無医地区、全国に637カ所

[有料会員限定]

「半径約4キロの範囲に50人以上が住んでいて容易に医療機関を利用できない」ことが無医地区の定義だ。厚生労働省の調査では2014年時点で全国39道府県に637カ所あり、人口は約12万人。前回調査と比べて68カ所減ったのは、人口が50人未満となり対象から外れた地域が増えたことの影響が大きく、改善されたとは言いがたい。

16年末の医師数は約31万9千人で過去最多。総数が増える一方、都道府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン