/

この記事は会員限定です

透析患者、年3.5万人以下に

新規、国が数値目標 早期発見めざす

[有料会員限定]

自覚症状に乏しい慢性腎臓病を予防し、人工透析を受ける患者を減らすため、厚生労働省はかかりつけ医と専門医が連携し、患者を早期発見する体制を整備する計画をまとめた。10年以内に新規透析患者を現状の年3万9千人から3万5千人以下に減らす数値目標も初めて盛り込んだ。

透析にかかる医療費は、推計年1兆6千億円に上るとされ、総医療費の約4%を占める。対策の推進は、患者の生活の質を向上させると同時に医療費削減に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン