2019年8月24日(土)

HIVへの感染 告知不要と提訴 就職内定取り消し

2018/7/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

エイズウイルス(HIV)感染を告げなかったことを理由に病院の就職内定を取り消されたとして、北海道の30代男性が14日までに、病院を運営する社会福祉法人「北海道社会事業協会」(札幌市)に対し、慰謝料など330万円の支払いを求めて札幌地裁に提訴した。

訴状によると、男性は2017年12月、道内の病院の求人に応募。HIV感染は告げず、ソーシャルワーカーとしての採用が内定した。1月、男性が以前受診した際…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。