/

この記事は会員限定です

アイスの世帯当たり支出額

首位金沢、2位富山 北陸、冬も消費堅調

[有料会員限定]

冷たい食べ物が恋しい季節。総務省の家計調査によりアイスクリーム・シャーベットの年間の世帯支出額(2015~17年平均)を全国の都道府県庁所在地で比べると、トップは金沢市の1万1324円で全国平均を2千円超上回る。金沢が首位になった年は11年以降で5回。残る2回は富山だ。なぜ北陸はアイスへの支出が多いのか。

まず、北陸が総じて甘党が多い土地柄という点が挙げられる。金沢は和生菓子やケーキ、富山はプリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン