2019年7月16日(火)

東電、平時に初の節電要請 工場停止なら料金割引 割高な火力、稼働減らす

2018/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスは13日、事前に契約して電気代を割り引く代わりに工場などに数時間単位で節電してもらう「ネガワット取引」を発動した。コストの高い石油火力発電を使って供給を増やすのではなく、需要を抑える手法だ。電力が足りている平時のうちに発動するのは初めて。

福島第1原子力発電所の事故処理のため取引の工夫で利益を増やす。

ネガワットとは「負」を意味するネガティブと、電気の単位であるワットを組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。