/

この記事は会員限定です

〈2020 改正債権法〉(1) 120年ぶりの見直し

契約ルール、ネットに対応

[有料会員限定]

民法のうち企業や消費者の契約ルールなど債権関係規定(債権法)が改正され、2020年4月に施行される。民法制定以来、約120年ぶりとなる抜本改正は、インターネット取引の普及など社会の変化に対応し、国民一般に内容を分かりやすくする狙いがある。

民法は総則のほか、財産(物権、債権)や家族(親族、相続)に関するルールを定めた基本法典だ。債権とは、相手方に対し何かを請求できる権利で、逆に何かの行為をしなけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン