2018年9月23日(日)

春秋

2018/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 山田太一さんが脚本を手がけた「3人家族」は、往年のテレビドラマの傑作に数えられる。放映は1968~69年だから、ちょうど半世紀前だ。母が亡くなり父親と息子2人の世帯と、その逆に、父が蒸発して母親と娘2人の家庭。2つの家族のつながりの物語である。

▼タイトルを見て、ひとりっ子家庭の話かと勘違いするのは昨今の感覚だろう。親はひとりでも子どもは2人――当時の「常識」が作品に投影され、ストーリーを支えてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報