インドネシア国営、世界最大級の銅鉱山買収 4300億円で

2018/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア国営資源大手インドネシア・アサハン・アルミニウム(イナルム)は12日、世界最大級の銅鉱山、グラスベルグ鉱山(パプア州)を運営する米フリーポート・マクモランのインドネシア現地法人の買収で合意した。買収額は38億5000万ドル(約4300億円)。

インドネシア政府が12日発表した。インドネシア政府は2017年、外国企業が運営する鉱山について、インドネシア側が運営企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]