/

この記事は会員限定です

大阪・梅田の再開発エリア落札、24年夏の開業めざす

三菱地所や積水ハウス

[有料会員限定]

関西の都心部で最後の大規模再開発エリアだったJR大阪駅北側の「うめきた2期」(17ヘクタール)の開発事業者が三菱地所などの企業連合に12日、決まった。2024年夏の開業を目指す。武田薬品工業の本社売却が最近明らかになるなど、大阪からの企業の拠点流出がとまらない。新産業育成の機能も持たせ、地盤沈下が続く大阪の底上げにつなげたい考えだ。

落札額は1777億円。都市再生機構(UR)が開発事業者を選定し、三菱地所、オリックス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン