2018年10月21日(日)

グローバルウオッチ新中華街 新たな共生の道

2018/7/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

首都圏で「ミニ中華街」が増えている。もともと横浜、神戸、長崎が「三大中華街」として知られるが、東京都の池袋、さらに最近では埼玉県の川口市が新しい中華街として発展してきた。「三大」と異なるのは観光地化されず、中国人向けの物販・サービスが集積し、中国語が公用語のような場所が増えている点だ。住民としての中国人の存在感が高まるなか、共生を図る動きも生まれている。

「ここは便利だと聞いて、1カ月前に引っ越…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報