/

この記事は会員限定です

アジア企業、稼ぐ力磨く

売上高純利益率、日米上回る

[有料会員限定]

【台北=伊原健作】アジア企業が稼ぐ力を磨いている。日本経済新聞社が選ぶアジアの主要上場企業「Asia300」の2017年度の売上高純利益率は7年ぶり高水準で、日米の主要企業を上回った。けん引したのは、IT(情報技術)、ハイテク企業だ。純利益率のほか、成長性、資本効率などを加味した総合評価、Asia300実力企業ランキングでは、レンズ大手、台湾の大立光電(ラーガン・プレシジョン)が2年連続トップだっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン