2018年9月21日(金)

自動運転、過疎地輸送に期待 複数台操作へ、石川・福井で実験

2018/7/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 国土交通省は、複数の自動運転車を1人で監視・操作する実証実験に乗り出す。2018年度中に石川県輪島市、福井県永平寺町など4カ所で始め、住民が利用する際に問題が起きないかどうかを検証する。人手不足が目立つ地方の過疎地などを想定し、効率的に地域の輸送網を運営するシステムに育てたい考えだ。

 政府は最寄り駅と自宅や病院、観光施設などとを結ぶ「ラストマイル自動運転」を20年にも実現する目標を掲げる。今回の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報