2018年11月13日(火)

米、技術スパイ警戒 対中制裁関税の根拠にも

2018/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】米アップルの元エンジニアが逮捕された事件は、米国が中国に警戒する知的財産権侵害の象徴的な事例だ。トランプ政権や米議会は、中国政府がスパイ活動などあらゆる手段を駆使して米国の高度な技術を長年にわたって盗み出してきたと批判する。中国の幅広い製品に制裁関税を課す根拠としている。

「中国の経済的な侵略が、米国と世界の技術や知財をどう脅かしているか」。こんな題名の報告書を6月にまと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

自動運転の機密、中国に流出か[有料会員限定]

2018/7/12付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報