2019年1月16日(水)

倉敷・真備町 「浸水地図」備え生きず
堤防決壊で犠牲多数、住民「見ていない」「甘かった」

2018/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

西日本豪雨で4分の1が冠水した岡山県倉敷市真備町地区は想定される浸水区域や避難場所をまとめた「洪水・土砂災害ハザードマップ」を2016年に作製していた。今回浸水した区域と予測した区域はほぼ同じで想定内だったが、多数の犠牲者が出た。「見たことがない」という住民もおり、市からは「繰り返し確認を促すべきだった」との声も出ている。(1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

洪水ハザードマップとは[有料会員限定]

2018/7/12付

広島の高速道、通行止め解除へ[有料会員限定]

2018/7/12付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報