/

この記事は会員限定です

終活は50歳から 人生の最期早めに備え

老後の負担少なく 趣味や仕事に時間

[有料会員限定]

人生の最期に備える終活を50歳前後から始める人がいる。老後の負担となる家の整理などを早めに済ませることにより、趣味や仕事を充実させる効用があるようだ。誰もが避けられない死を見つめることで生き方を変える人もいる。専門家は「親に終活をしてもらうためにも、まず自分でやってみる態度が重要だ」と説いている。

千葉県成田市でパート勤務をする小倉佳代子さん(52)が終活を意識し始めたのは2016年末のこと。大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン