/

この記事は会員限定です

自動運転 地方で効率運用 複数車両を1人で監視

国交省、全国4カ所で実証実験

[有料会員限定]

国土交通省は、複数の自動運転車を1人で監視・操作する実証実験に乗り出す。2018年度中に石川県輪島市、茨城県日立市など4カ所で始め、住民が利用する際に問題が起きないかどうかを検証する。人手不足が目立つ地方の過疎地などを想定し、効率的に地域の輸送網を運営するシステムに育てたい考えだ。

政府は最寄り駅と自宅や病院、観光施設などとを結ぶ「ラストマイル自動運転」を20年にも実現する目標を掲げる。今回の実証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン