2019年2月21日(木)

習氏、周辺国に融和サイン
太平洋「米中二分論」を微修正 対米長期戦へ仲間づくり

2018/7/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が6月27日、訪中したマティス米国防長官に「太平洋は米中とその他の国を受け入れることができる」と語った。従来は米中二分論を主張してきたが、唐突に「その他の国」が加わった。周辺国に配慮したような発言の変化には何があるのか。会談の4日前に開かれた重要会議を読み解くと、友好国を増やして長期的に米国と対峙する戦略が浮かぶ。

太平洋二分論は2007年、中国軍高官が米軍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報