/

この記事は会員限定です

東京・横浜、国際特許出願で世界一

2年連続で

[有料会員限定]

世界知的所有権機関(WIPO)は10日、世界各国のイノベーション拠点ごとの国際特許出願状況を公表した。東京・横浜エリアは2016年までの5年間で約10万5千件となり、2年連続のトップだった。出願件数は2位の深圳・香港の2倍以上だった。

拠点ごとの調査は17年に続き2回目。東京・横浜で最も出願が多かった企業は三菱電機

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン