/

この記事は会員限定です

日産 新たな検査不正

5工場1171台、排ガス測定値改ざん

[有料会員限定]

日産自動車は9日、国内5つの完成車工場で、新車の出荷前に実施する排出ガスデータの検査で測定値を改ざんしていたと発表した。決められた試験環境と異なる条件で測定をしていたほか、排ガスの成分値の一部を書き換えており、不正の対象は1171台。日産は2017年9月に無資格者が完成検査をする不正が発覚しており品質管理の姿勢が問われている。(関連記事総合2企業3面に

新たな不正は追浜工場(神奈川県横須賀市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン