2019年6月18日(火)

豪雨 復旧長引く懸念
汚泥処理、小売り・食品など重荷

2018/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

西日本を襲った記録的な豪雨は、小売店やガソリンスタンドといった生活インフラに加え、工場やオフィスなど地域の経済基盤をマヒさせた。企業は復旧を急ぐが、交通インフラや物流網の遮断は広範囲に及び作業は長期化も予想される。日本企業は度重なる災害への備えにより事業を継続する力を増してきたが、対策の主眼は地震被害。水害対策が盲点として浮き彫りになった。(1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

BCP、洪水想定は3割[有料会員限定]

2018/7/10付

広島、土砂災害で被害拡大[有料会員限定]

2018/7/10付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報