/

この記事は会員限定です

概算要求 続く青天井

19年度100兆円超え確実に

[有料会員限定]

政府は9日の経済財政諮問会議で、2019年度予算要求のルールとなる概算要求基準を了承した。成長分野に4.4兆円超の特別枠を設ける一方、6年続けて歳出上限は定めない。各府省の要求総額が100兆円を超えるのは確実で、財政再建にどう目配りするかが問われる。膨らむ社会保障費や19年10月に予定する消費増税対策の歳出規模が、年末の予算編成に向けた焦点になる。

安倍晋三首相は同日の会議で「今後、概算要求基準を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン