/

この記事は会員限定です

英EU離脱相が辞任

穏健路線に反発、メイ政権打撃

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相が8日夜、辞任した。メイ首相がEUとの関係を重視する「穏健離脱」の方針を打ち出したことに反発した。EUとの交渉が難航するなか、英側の責任者であるデービス氏の辞任の打撃は大きい。メイ首相の政権基盤の一段の弱体化は避けられず、2019年3月に迫る離脱への道筋はさらに不透明になった。

デービス氏はメイ政権が発足した16年に離脱相に就き、交渉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン