2018年11月14日(水)

中小の賃上げ率、20年ぶり高水準 1.99%、連合最終集計 人手不足で待遇改善

2018/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

連合が6日発表した2018年春季労使交渉の最終集計によると、定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は平均2.07%で前年を0.09ポイント上回った。直近のピークだった15年の伸び率には及ばなかったが、企業業績の伸びや人手不足を受けて待遇を改善する動きは裾野が広がっている。中小企業の賃上げ率は20年ぶりの高水準になった。

8166組合の回答を集計した。全体の賃上げ率が前年を上回るのは3年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報