/

この記事は会員限定です

熱海の奇跡 市来広一郎著

新しい価値観で魅力を発見

[有料会員限定]

かつて企業の保養所が集まり、温泉目当ての団体旅行客でにぎわった静岡県の熱海。バブル崩壊や旅行スタイルの変化で1990年代に入って熱海は観光地としての人気を失ったが、その熱海の活気を取り戻そうと28歳で民間企業を退職し、Uターンしたのが著者である。

遊休農地の再生、体験型交流プログラムの企画、カフェやゲストハウスの開業と、本書はUターン後の10年余りの著者の取り組みを失敗談も含めて紹介している。国や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン