/

この記事は会員限定です

公文書管理 遅れる日本

少ない記録 説明責任は?

[有料会員限定]

今国会では公文書の管理が大きな問題になった。学校法人「森友学園」をめぐる行政文書の改ざんや陸上自衛隊の海外派遣部隊の日報の隠蔽をめぐり、政府は厳しい追及を受けた。米国をはじめとする主要先進国と比較すると、日本の公文書の管理は不備が多い。なぜ日本では公文書の扱いが遅れているのだろう。

政府がどう意思決定をしたかを国民が検証できなければ、民主主義は機能しない。公文書管理は民主主義の根幹に関わる。国会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン