/

この記事は会員限定です

公道で自動運転実験 都、民間と連携し夏以降

多摩市、バス高齢者の足に 港区などは運転手不足を解消

[有料会員限定]

東京都は民間の交通事業者と連携し、自動運転の公道実験を多摩市と都心部で夏以降に始める。高齢化が進む多摩市では住民の移動、買い物を支援する自動運転バスを走らせる。港、千代田区では自動運転車を運行し、タクシーなどの運転手不足の解消につなげられるか検証する。成果と課題を洗い出し、2019年度以降の実用化を目指す。

実験は民間業者への委託事業とし、2018年度予算に4000万円の費用を計上した。都が自動運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン