/

この記事は会員限定です

東京医大理事長が主導の疑い

入試不正関与が焦点

[有料会員限定]

私立大支援事業を巡る文部科学省汚職は、文科省の現職幹部と大学トップが不正に関わった疑いが浮上する異例の構図となった。東京医科大の臼井正彦理事長(77)が、同省前科学技術・学術政策局長、佐野太容疑者(58)=受託収賄容疑で逮捕=に事業選定で便宜を依頼したほか、入学試験の不正にも関与した疑いがある。東京地検特捜部の捜査は両者の癒着の解明などが焦点となる。

大学側によると、臼井理事長は1960年に東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン