/

この記事は会員限定です

東芝の監査意見、異なる開示

総会「無限定適正」、有報「限定付き」 根拠法が別々 投資家惑わす

[有料会員限定]

2018年3月期の東芝の監査報告書をみて戸惑った投資家も多かっただろう。株主総会の招集通知に添付する計算書類では監査意見が「(すべての重要な部分が適切な)無限定適正」だった一方、有価証券報告書は「(一部の不備を除いて適切な)限定付き適正」となっていたからだ。いずれも法定の開示書類なのに違いがあるのはなぜか。

東芝の監査では、2017年3月期にPwCあらた監査法人と米原発事業の損失を巡る意見が対立。最終...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン