/

この記事は会員限定です

リニア工事 大井川流量減 JR東海、利水団体と溝

「わき水全量環流」見解に差

[有料会員限定]

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事による静岡県内の大井川水系の流量減問題を巡り、JR東海は4日、流域の利水団体などでつくる大井川水利調整協議会への説明会を静岡県島田市で開いた。対策と基本協定案を示したJR東海に対し、利水団体からは不満の声が相次いだ。調整が長引けば2027年の開通に影響が出る可能性もあるが、溝の深さが改めて浮き彫りとなった。

出席したのは中部電力特種東海製紙、大井川土地改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン