サッカー観なお成熟途上 サポーター、選手とズレ

2018/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サッカーと社会の関係を研究する小笠原博毅・神戸大教授(社会学)の話 日本がW杯に初出場した1998年から20年がたち、日本人サポーターも観戦慣れしてきた。ただ、サッカー観は成熟したとはいえず、「技術か身体能力か」「個か組織か」など、使い古された単純な二項対立の図式で説明しようとする議論がいまだに目立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]