/

この記事は会員限定です

霞が関 政策勝負

岡本全勝 元首相秘書官

[有料会員限定]

今回の一連の問題で官僚機構の機能不全があぶり出された。構造的な問題だ。いまは官僚主導から政治主導への過渡期だ。社会が変わったのに、官僚たちが新しい役割に転換できずにいる。

政策の立案と実行は、問題を一番よく知る官僚の仕事だ。次々に新たな課題が生まれる。そうした状況下で、多くの政策に優先順位をつけ、検討と実行を指示するのが政治の役割だ。

明治時代以来、日本は欧米に追いつけ追い越せでやってきた。成熟国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン