/

この記事は会員限定です

木製バット 半数「福光産」

[有料会員限定]

国内でつくられる年間約30万本の木製バットの半分がロンウッドなどメーカー5社が集まる富山県南砺市の福光地区産といわれる。冬場の湿度が高く、材料となる生木から水分がゆっくりと蒸発していくため、木が割れにくいという「地の利」が福光にバット産業を根づかせた。

ピークだった昭和40年代には300万本以上だった木製バット市場は、金属バットの登場で10分の1に縮小した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン