2018年7月20日(金)

野菜工場、モンゴルに輸出
北海道総合商事 温室で葉物やトマト栽培

2018/7/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 北海道銀行などが出資する北海道総合商事(札幌市)は、温室野菜工場をモンゴルに輸出する。寒冷地用野菜ハウスのホッコウ(同)と組み、現地企業に工場の資材を供給し、野菜の栽培技術を指導。今後2~3年で12億円程度の収益を見込む。工場の敷地面積は6ヘクタールと、北海道総合商事が手がける海外の野菜工場では極東ロシアに次ぎ、2番目の規模となる。

 モンゴルの企業、グリーンヤード(ウランバートル)と契約を結んだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報