2018年7月23日(月)

あすへの話題京都と地震 甲南大学教授 田中貴子

2018/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 今回の大阪府北部地震が私の住む京都市にも被害をもたらしたことは、全国的に周知されているとは言いがたい。ニュースで映し出されるのはもっぱら北摂地域の被害だったからだ。京都市の一部では震度5強を記録し、これは1995年の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)以来の大きな揺れなのである。ほんとうに、怖かった。

 震度5や6で騒ぐ関西人を首都圏の人々は奇異に思ったかも知れないが、地震の発生頻度がまったく違うので…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報